かお。

フィルター

no.38 Dolores

UPDATE : 2016/Apr/23
AUTHOR: 加賀 耕平

no.38 Dolores

 

Thank you, ドロレス

その笑顔に

 

ここで暮らしはじめたのは5歳のときだってアリシアは言ってたけど

ぼくがここに住んでたのはもう40年近く前なんだよ

 

ぼくが生まれてはじめて自分で家賃を払った家

小さなコテージのようなその白い家に、ドロレスとアリシアは暮らしていて

ベッドルームでは白い猫が昼寝をしていた

 

途方に暮れるっていう言葉は、何もないガランとしたその部屋をはじめて眺めたときの22歳のぼくのためにあったようなもんだと思うけど、ここに来るまではそんなことさえ忘れてた

 

ただなんとなく、思いついただけなんだ

その日の朝、エースホテルのコーヒーショップでアボカドのトーストを食べながら

 

ちょっと行きたいとこがあるんだけど、つきあってくれるかな

 

なにが変わって、なにが変わらないのか

ポールが言うように、いまここを通り過ぎていくものが自分自身なんだとしたら

1976年にここにいたぼくも2016年にここにいるぼくも

ただのうたかたにすぎないのかもしれない

 

いてくれてよかった

 

ダウンタウンのホテルを出て、ハーバー・フリーウェイを南に

ローズクランスの出口を降りて、サウス・バドロング・アベニューの14440番地

 

その日、そのときに

TIE UP PROJECT