かお。

フィルター

no.6 Nick

UPDATE : 2016/Feb/19
AUTHOR: 加賀 耕平

no.6 Nick

 

ブライアンがどこかのバーで椅子を蹴っているころ

ニックはカルバーシティの家のカウチで、同じようにコアーズを飲んでいる

 

今日のカーショウはだめだな

TVを観ながら、ひとりごとのように妻のナンシーに話しかける

ナンシーはもちろんなにも応えない

 

嘘はやっぱりよくないわ

ナンシーがニックの顔をじっと凝視めて

ふいになにかを吐き出すように、その言葉を投げた

 

今朝、LMUに出かけるニックの車を見送ったときからずっと言おうと思っていた

 

ちょうど小さな蕾が開きはじめた裏庭の蔓薔薇を摘んでいるときも

昼下がりのジムで古ぼけたランニング・マシンの上を歩いているときも

TVディナーのミートローフをオーブンに入れるときも

そのことを考えると波打つような胸の鼓動がおさまらなかったけれど

それはどうしても言ってしまわないといけないことだった。

 

そのことを、ブライアンはまだ

知らない

 

ニックが、ゆっくりと

カウチから身体を起こした。

 

What the hell are you talking about ?

 

TVの音が消えた

TIE UP PROJECT