TOPIC

〈インスタレーション〉をめぐるシンポジウム 開催 京都芸術センター

UPDATE : 2013/Sep/02 | AUTHOR : UENO

『dreamscape-うたかたの扉』展示風景(撮影:大島拓也)

〈インスタレーション〉をめぐるシンポジウム 開催 京都芸術センター

 

 

毎年夏、子供から大人まで気軽に楽しめるテーマで、若手芸術家の活動を紹介する「夏休み企画」を開催する京都芸術センター。

 

現在開催中の企画展「dreamscapeーうたかたの扉」では、「夏休み」=「非日常の世界への扉が開く特別な期間」というテーマのもと、大西康明氏と松澤有子氏の2人の作家によるインスタレーション「日常の一歩先にある〈もう一つの世界〉」が展示されている。

 

8月3日から9月16日まで開催中のこの企画展。
最終日には〈インスタレーション〉をめぐるシンポジウム と題した関連イベントも開催される。

 

パネリストは、アート批評と共に様々な展覧会のキュレーションも手掛ける加須屋明子氏と原久子氏、
出展作家でもある大西康明氏と松澤有子氏、そして哲学者である鞍田崇氏。

 

現代美術の中で重要な表現形式であるインスタレーション。
その場、その時にしか見ることのできない作品が生み出される状況と、その未来について、熱い討論が繰り広げられる。

 

関連サイト

───

京都芸術センター http://www.kac.or.jp

開催概要
───
〈インスタレーション〉をめぐるシンポジウム
日程:2013年9月16日(月・祝)
時間:14:00〜16:00
会場:京都芸術センター・講堂 京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2
TEL:075-213-1000
E-mail:info@kac.or.jp

*事前申込不要・無料

RECENT OTHER