TOPIC

「Portaille & SEN」Spring&Summer Order Party

UPDATE : 2016/Apr/14 | AUTHOR : UENO

「nibiiro」〜鈍色〜

鈍く響く光
春の訪れは
愛と憂鬱と

 

✴︎✴︎✴︎

2016年4月15日より、大阪/北浜にあるSEN&GALLERYにて、SEN&Portailleの新作展が開催される。

 

本展は、素材がもつ独自の雰囲気や特性を活かした靴作り・ものづくりを実践する『重厚な革で足を包む』レザーブランド「Portaille(ポルタユ)」と、全て四角のパーツで出来る立体造形的な服造りによる作家活動を展開する服飾ブランド「SEN」による合同展。

 

Portailleからは定番素材のシューズ、そして秋冬の新作の展示が行われ、オーダーの受付も可能。厳選された素材を使った、自分だけのお気に入りの一足を手に入れることができる。
またSENからは、新作のワンピースが登場するほか、人気の定番アイテムのストールが春素材でラインナップ。

その他SEN&GALLERY別注の限定バッグも数量限定で販売される。

 

会期中2日目の夜にはレセプションパーティーも開催。本展のテーマに合わせた和菓子(数量限定)やワインが振舞われるほか、ドリンク等の販売も行われる。

 

春が騒ぎ出すこのシーズンに、この2つのブランドが描く鈍色の世界を体験してみませんか?

 

portaille

Portaille[ポルタユ]
Designer:大渕亮輔[オオフチ リョウスケ]
Profile:文化服飾学園シューズデザイン学科卒業。卒業後はタンナーへ就職。その後コンフォートシューズの製造に携わる。2010年9月にPortailleを立ち上げ、翌年2月よりコレクションをスタート。
Concept:『重厚な革で足を包む』素材がもつ独自の風合いや特性を活かした靴作り・ものづくりを大切にしています。パターンはなるべく切り替えを減らし、足あたりの良さと革の表情を魅せることに心掛けています。
Portaille…Portail(門)+Taille(彫刻) 仏語で「門」という意味をもつ‘Portail’と「彫刻」という意味をもつ‘Taille’を組み合わせた造語。デザイナーが最も憧れる、彫刻家ロダンの作品「地獄の門」からインスピレーションを受け名付ける。

 

sen

SEN tomoco tagawa
兵庫生まれ。服飾作家。モード学園卒業後、自身のブランド「SEN」を設立。全て四角のパーツで出来る、立体造形的な服創りによる作家活動を開始。一点物での衣装作品を発表する傍ら、ダンサーやミュージシャンのステージ衣装も手掛ける。舞台「座頭市」(’07三池崇史演出)パンフレット用衣装制作、神戸コレクション(’11 s/s)ポスター及びパンフレット用衣装制作、CDジャケット等、広告用衣装なども手掛け、大阪HEP FIVEインフォメーションスタッフ制服(’09.10~’12.03)デザインを担当するなど、活動は多岐に渡る。

 

関連サイト
━━━
Portaille http://www.portaille.com/

 

SEN http://www.tomocotagawa.com/

開催概要
━━━
開催日:2016年4月15,16,17日 4月22,23,24日(いずれも金土日)
時間:12:00〜19:00(日曜は18:00まで)
会場:SEN&GALLERY 大阪市中央区北浜東5-3 植田ビル1F
TEL:06-4981-6112

 

【Reception Party】
開催日:2016年4月16日(土)
時間:19:00〜22:00
会期中2日目となる4月16日にはレセプションパーティーを開催いたします。両作家も在廊いたしますので、是非ご来場ください。

RECENT OTHER