TOPIC

「空想時間Ⅱ」開催 わち山野草の森

UPDATE : 2015/Apr/02 | AUTHOR : UENO

2015年4月5日(日)〜19日(日)までの間、昨年に引き続き第2回目となる「空想時間Ⅱ」が、京都府わち山野草の森にて開催される。

 

ー森の中の静かな時間。
想像する過去・未来。
受け継ぎ、受け渡していく私達。ー

 

「空想時間」とは、会場となるわち山野草の森で開催される森の中での展示イベント。
作品を森の中に置く作者は、荒川尚也氏、石井直人氏、鈴木隆氏、そしてハタノワタル氏。
普段よりモノと向き合い、つくり、暮らす作家達による、過去と現在と未来を行き来する空想時間が期間限定で森の中に生まれる。

 

美術の流れで言うと、もの派の影響を感じた2014年度の空想時間にて荒川氏は、その土地にあった小学校の古建具を森の中に置き、過去のフィルターを通して和知の風景を見ることによって、昔の良き時代の思い出を刻む作品を発表。

石井氏は丹後の浦島太郎伝説の玉手箱を丹波の地に配置することによって、過去の丹波の国を連想させた。

ハタノ氏は3.11の3年後に自ら漉いた和紙を3.12に森に置き、溶けて森と同化する様子を展示することによって、放射性物質と自然素材の差を浮き彫りにさせた。

 

2015年度の空想空間では、そんな表現を傍観するかのようなオブジェを作る鈴木隆氏が参加することにより、森と人と作り手と見る者の距離を縮める。

 

当日、会場となるわち山野草の森では、オーガニックフードのマーケットなどが開催される「はるいろさくらまつり」が開催される他、7人の作り手でつくる「森の展示室」という展示即売会も同時開催される。

 

展示、イベントの詳細は「はるいろさくらまつり」HPまで。

 

─────────

関連サイト

はるいろさくらまつり http://capocapo.com/haruiro-sakura-matsuri/

 

ハタノワタル氏 過去のインタビュー記事はコチラ

開催概要
───
日程:2015年4月5日(日)〜19(日) (火曜日休館)
時間:10:00〜16:00
会場:わち山野草の森 京都府船井郡京丹波町坂原ショガキ-5
電話:0771-84-2041
主催:はるいろさくらまつり実行委員会
後援:京丹波町 京丹波町観光協会 αステーション
協力:晴耕社 独華陶邑 ハタノワタル

 

出展作家
荒川尚也(ガラス)
石井直人(陶)
鈴木隆(陶)
ハタノワタル(和紙)

RECENT OTHER