REPORT

SNAP REPORT「左海壷人 × +728 Creative Crew Collabo Store」at D-ba

UPDATE : 2013/May/10 | AUTHOR : makiko ueno

大阪は堺から発信する“注染”ブランド「左海壷人」×「+728 creative crew」による期間限定ショップが、大阪E-maにて開催中。

明治時代中期に大阪で生まれた染色技法であり、現在でも日本手ぬぐいや浴衣の染色で知られる“注染”発の新ブランド「左海壷人」と、“大阪のものづくり企業”ד大阪のクリエイター”というテーマのもと、日常的なモノ・コトに関わり新たな個性や価値を創造・発信するナニワの若手クリエイター集団「+728 creative crew」とのコラボレーションによるもの。

 

+728 creative crewである31人のクリエイターがそれぞれの個性で描いたデザインを、伝統的染色技法である“注染”により染め上げられた、ダブルガーゼハンカチとハーフパンツが展示販売されている。光をやわらかく通し、裏面の絵柄がうっすら透けて見えるこのハンカチは、両面から染色する“注染”の技法を生かしたもの。にじむように絵が浮かび上がり、2枚で1つの柄が完成する。

 

また、会場で一際目を引くハーフパンツは、“注染”の独特の風合いと、それぞれのクリエイター達が生み出した生き生きとした模様・色との組み合わせが新鮮。“若い人達にも注染の良さを実感してもらえるように”との思いから、普段染色している浴衣の生地で作られている。涼しげな生地の風合いと軽いはき心地はルームウェアとしては勿論、お出掛け用としても使えるよう、シルエットにもこだわりが感じられる。

 

生地の糸、一本一本の芯まで染料を染み込ませ染上げる“注染”は、自然なボカシと繊細な色彩が魅力。くっきり写し出されるプリントのような色柄では表現できない独特のニュアンスは、使い込む程にその表情を変えていく。

 

変わらぬこだわりを持ち続け、手仕事に向き合う職人と、新たな価値観を発信する若手クリエイターが生み出す新しいもの作りの形。会場を鮮やかに彩るその色彩の中で、大阪堺の技を体感してみませんか?

 

 

関連サイト

────

左海壷人:www.sakaitsubondo.jp

+728 Creative Crew: www.plus728.jp

 

開催概要 ──── 【日時】2013年5月3日(金)~ 12日(日) 11:00~21:00 【場所】E-ma(大阪市梅田大阪市北区梅田1-12-6)イベントスペースD-ba 【イベント名】[左海壷人×+728 Creative Crew] Collabo Store 【内容】ハーフパンツ・ガーゼハンカチの販売、注染に使用する道具の展示、現役職人による解説

Camera / toshinori cawai

RECENT OTHER