REPORT

Cycle Shop 203

UPDATE : 2011/Oct/06 | AUTHOR : makiko ueno

ファッションに止まらず、ライフスタイル、美容、グルメなど、様々なコンテンツが目白押しの大阪は堀江。流行に敏感な若者で賑う立花通り(オレンジストリート)3筋北にある周防町通り沿いに、2007年10月にリニューアルオープンした。女の子も思わず「可愛い…」とこぼしてしまうようなスポーツサイクルが整然と並ぶ、『サイクルショップ203』。そこは北堀江と南堀江の境となる周防町通りで、くらしとファッションが自然と調和した落ち着いた空気が流れる。

もともと南船場の雑居ビルの一室で、2004年にオープン。今年で7年目となる。『サイクルショップ203』という店名は、当時オープンした雑居ビルの、203号室から名付けられている。某自転車店での3年間の修行を経て独立されたオーナーの魚島氏。初めは自転車というものにさほど興味がなかったと言うから意外だった。

 

Cycle Shop 203

 

「自転車好きで始めたんでは決してなくて自然にこうなったというか…。3年間の修行も含めて今思えば…世の中の役に立つとしたら“自転車”が“エコ”というか…。」

 

無意識の中で、毎日の生活の中で、自然とエコと向き合う。それがオシャレなものであるなら、こんなに素敵な事はないだろう。

 

Cycle Shop 203

 

ここで、日本の自転車歴史を少し振り返ってみると、元々日本で自転車と言うと、40年前に日本で発祥した当時は「ミニサイクル」と呼ばれていた、現在のママチャリを思い浮かべるものだった。それ以前は女性が乗るというイメージのものではなく、車を購入するのと同じ位高価なものだったと言う。1970年に開催された万博を機に自転車を普及させようという運動が盛んになり、今街で見かけるような女性も気軽に乗る事ができるママチャリが増えていった。それを踏まえデザイン性にも着目した魚島氏。お店のこだわりは、店頭に並べられた自転車を見ているだけでも伝わってくるものがある。

 

Cycle Shop 203

 

「ママチャリって言うと、デザイン面も含め40年間、あまり変化が感じられなかったんで。意識の転換と言うか…。いろんな自転車を見ているのが楽しいですよ。」

自転車を眺めながらお話を伺っていると、こちらまでワクワクするような感覚を覚えてくる。コンセプトにもつながる、オーナー魚島氏の一番強い思いも伺ってみた。

 

「今までのスポーツサイクル専門店は、ロードレーシングやBMX、マウンテンバイクとかの競技自転車になりがちなので、そことは一線を引きたい。スポーツサイクルだけどレーシングじゃない、競技じゃない…そんな感じです。」

 

Cycle Shop 203

 

Cycle Shop 203

 

Cycle Shop 203

 

アイテム構成については、

「プロフェッショナルかママチャリか、中間層がなく二極化していたんです。そこをついて、日常生活にスポーツサイクルを取り入れて、自然にエコができていればいいですよね。」

 

Cycle Shop 203

 

モノや性能にこだわりをもつ人が多く、ファッションの中心でもある堀江。トレンドに敏感なユーザーに応えられるようなデザイン、質の良い物しかセレクトされていないオーナーのこだわりは、欲張りな要望にも十二分に応えてくれるだろう。また今シーズンのおススメ12年モデルは、アルミから鉄のフレームへ、カラーも落ち着いたものや素材感のあるものが主流だそう。

 

Cycle Shop 203

 

Cycle Shop 203

 

style="margin-rigCycle Shop 203ht:10px;"

 

最後にこれからの展開について伺ってみた。

 

「震災後、突然エネルギー問題がクローズアップされる中で、これからは今まで以上にエコをアプローチしていきたいです。」

 

 

recommend item

Cycle Shop 203

FUJI / STRATOS-R / 78,750yen

 

Cycle Shop 203

20インチミニベロ / 67,200yen

 

Cycle Shop 203

カラコラム3.0 / 63,000yen

 

information | Cycle shop 203

http://www.cycleshop203.net/

 

〒550-0014大阪府大阪市西区北堀江2-5-10

営業時間 : 11:00-20:00

TEL/FAX : 06-6531-7170

定休日 : 毎週水曜日

取扱いブランド : FUJI,ルイガノ,GIOS,KONA,ブルーノ,tokyobike…

編集後記

自転車の販売のみならず、修理やレストア等の相談にも気軽にできるオーナーの気さくな雰囲気も、お店の魅力だと思う。
日後のちょっとした意識の変化だけでも、十分エコを実践できるだろう。
みなさんも時々自動車から自転車に、オシャレに乗り換えてみませんか?

by makiko ueno

Camera / kenshin yano

RECENT OTHER