REPORT

nidomi cafe bar

UPDATE : 2011/Sep/24 | AUTHOR : makiko ueno

オフィス街のイメージが強い、大阪谷町4丁目に気になるお店がOPENした。
昭和レトロな香りが残る雰囲気あるビルの2階にある、8/22にOPENされたcafe bar nidomi(カフェ バー ニドミ)。
初めて行ったのに長居してしまいそうな予感がするような、オフィス街の真ん中にあるとは思わせないゆったりとした居心地の良い空間。

nidomi cafe bar

 

オーナー:美馬氏、food creator:aroa氏、ワッツーシゾンビ:谷村じゅげむ氏 nidomi cafe bar

 

さりげないアンティークディスプレイ nidomi cafe bar

 

正面の壁に飾られた時計のオブジェ nidomi cafe bar

 

11:00から19:00まではカフェタイムとして、food creatorのaroa氏と、ワッツーシゾンビの谷村じゅげむ氏が運営される。19:00からはバータイムとして、元々中崎町のcafe bar SAID(現在は中津「セド+クレフテ」にて営業中)のオーナー美馬氏がカウンターに立つという、異色の三人で運営されている。

 

カウンターに座るとまず目に入ってくるメニュー、「二度味カレー」と「aroaバーガー」。某Jazz restaurantでの経験、また音楽イベント等のクラブシーンでは、ケータリングでその腕を振るったfood creator aroa氏。看板メニューの二度味カレーは、マンゴー果汁が隠し味となったフルーティーな特性牛すじカレーと、数種類のスパイスをブレンドした日替わりカレーのあいがけで、二種類の味が一度に味わえるボリューム満点の一品。

 

food creator:aroa氏 nidomi cafe bar

 

「二度味カレー」 nidomi cafe bar

 

ワッツーシゾンビ:谷村じゅげむ氏 nidomi cafe bar

 

またaroaバーガーは、boulangerie labo ficelle(ブーランジェリー ラボ フィセル)の特注バンズを使用。頬張るとほのかな甘さが口一杯に広がり、ジューシーなお肉ともベストマッチ。モチモチとした食感もクセになる一品だ。サラダやその日の色々な前菜との盛り合わせなのでお腹も大満足。またこちらは今まではケータリングでしか楽しめなかったので、ファンも待望のメニューだろう。


「aroaバーガー」」 nidomi cafe bar

 

「aroaバーガー」 nidomi cafe bar

 

これからはその他のメニュー開発にも力を入れるとの事。ケータリングで人気のあった海鮮物やタパス、またboulangerie labo ficellさんセレクトの、お酒に合うバケットを、オリーブオイルや岩塩、バルサミコ等と一緒に味わえるとの事で、今からとても楽しみだ。

 

nidomi cafe bar

 

nidomi cafe bar

夜になると昼間とはガラッと雰囲気が変わる。柔らかなオレンジ色の照明が落ち着く店内は、入ってすぐ右手にDJブースがある。不定期で生ライヴが楽しめたり、オーナー美馬氏ご本人のDJも見られたりと見所満載。ランチして、お茶して、仕事帰りの一杯と、二度も三度も楽しめるnidomi。

 

オーナー:美馬氏 nidomi cafe bar

 

「街に寄り添えるお店にしたい。」…と、一言。

お友達や彼氏、彼女、家族とも楽しめる気になるスポット。これからの谷4界隈が一気に楽しみになるお店、オススメです。

 

nidomi cafe bar

 

Information | nidomi cafe bar

 

〒540-0028大阪市中央区常盤町2-4-9エクセル第6ビル2階

Tel/Fax : 06-6949-3067

e-Mail : nidomicafebar@gmail.com

営業時間 : cafe time / 11:30~19:00 ・ bar time / 19:00~26:00

定休日 : 不定休

座席数 : 20席

Camera / kenshin yano

RECENT OTHER